行政書士のお仕事①不動産業・宅建業免許申請

> > > 行政書士のお仕事①不動産業・宅建業免許申請
2020/06/11

行政書士のお仕事①不動産業・宅建業免許申請

こんにちはマスオです。

ご存知の通り、「マスオのセブ島留学」ではマルオが現在不動産事業の立ち上げをしています。

当社の不動産業・宅建業の免許申請は、そうした書類手続きがあまり得意ではないマルオが、あえてやることで、マスオが行政書士試験合格後は、不動産業・宅建業の免許申請を、行政書士事業のやるべきことに、入れてもいいのかなと考えています。

今日は不動産業・宅建業とは、から不動産業・宅建業の免許申請、行政書士の役割まで詳しく説明していきます。

不動産業・宅建業とは

不動産業は、主として不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、売買・交換・賃貸の代理もしくは仲介を行うこといい、そうした会社を不動産会社と言います。英語で言うとBroker(ブローカー)という言葉を使用することが多く、不動産開発を行う会社をDeveloper(デベロッパー)と言います。

一般的な不動産会社は、宅建業(宅地建物取引業)の免許を取得することで業務を行うことができますが、不動産デベロッパーの場合は、建築免許なども取得をする必要があります。

宅地建物取引業とは

宅地建物取引業とは、主として土地・建物等の売買・交換・賃貸の仲介や、分譲住宅の販売代理等を行う事業のこと。この事業を行うためには宅地建物取引業法で定める免許が必要となります。

この宅地建物取引業を開業するために、宅地建物取引士試験を合格した宅地建物取引士が最低一名必要となります。本社のみで業務を行う場合は一名の宅地建物取引士で免許申請が可能ですが、営業所を複数立ち上げる場合は、それぞれ一名の宅地建物取引士の設置が必要であるだけでなく、営業免許も申請先が国土交通省となります。

宅地建物取引業申請に必要なもの

下記がそろえば、宅地建物取引業の申請をすることが可能性です。

宅地建物取引主任者 最低一名
本社営業所(事務所として独立したもの)※
新規開業資金100万円強

個人で申請する場合は個人事業主が、方針で申請する場合は代表者及び役員または政令で定める使用人が、下記欠格事由に概要しないことが必要になります。

①成年被後見人、被保佐人、復権を得ていない破産者
②免許を取り消され、取消しの日から5年を経過していない者
③免許取消処分前に廃業し、廃業届から5年を経過しない者
④禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行が終わって5年、または時効の完成などにより刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
⑤一定の罰金刑に処せられ、その刑の執行が終わって5年、または時効の完成などにより刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
⑥免許申請前5年以内に、宅建業に関して不正または著しく不当な行為をした者
⑦宅建業に関して不正または不誠実な行為をするおそれが明らかな者
⑧暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員または暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
⑨営業に関して成年者と同一の行為能力を有しない未成年者で、その法定代理人が上記1~8のどれかに該当する場合

宅地建物取引業の申請に必要なプロセス

本社営業所のみで宅建業を営む場合は、都道府県知事に申請します。(複数の場合は国土交通大臣)

①都道府県知事(国土交通大臣)申請
②保証金の供託(保証協会※)

※保証協会を通すと保証金60万円を納付することで、宅建業開始が可能です。ハトマーク、ウサギマークなどが該当しますが、保証金を供託する場合は1000万円と高額になりますので、基本新規開業する場合は、保証協会がおススメです。

必要書類をそれそれ①②のためにそろえて、1か月半程度で免許の取得が可能です。

宅地建物取引業免許申請を行政書士に頼んだ場合の相場

費用は行政書士事務所により違うと思われますが、

5‐10万円程度

と思われます。

行政書士への報酬以外に最低9万円の印紙代が申請に必要なので、注意が必要です。

申請時の注意点

個人保有の分譲住宅など、事務所としての体裁が整っていない事務所では、免許取得ができない可能性があるので、注意が必要です。

書類の不備で何度も都庁を行き来する人が多いようです。自分がそういう申請に興味がある、そもそもそういう申請に慣れている人以外は、行政書士事務所に依頼したほうがスムーズに免許が取れる可能性が高いです。

※必要書類は本人しか取れないもののありますので、そうした書類を集める手間はかかります。

その他新規開業に必要なもの

なんらかの顧客を獲得するために、不動産ポータルへの登録・広告掲載を検討する必要があります。

SUUMO
HOMES
アットホーム

上記あたりが比較的人気があり、アクセスを集めやすい不動産のポータルです。業界の状況では、SUUMOが断トツ反響があるようです。

行政書士のお仕事①不動産業・宅建業免許申請(まとめ)

宅地建物取引士一名は必須
行政書士報酬は5‐10万円が相場
自分で申請するのは慣れていないと不備書類で時間を要する
現時点では広告はSUUMOがいいか

マルオが自分でやってみますが、行政書士に頼んだ方が早く開業できる可能性が高いです。

行政書士を立ち上げるサイト立ち上げたいです。

それではまた。

この記事を書いた人

マスオ

俺の行政書士試験管理人。行政書士の学習を2020年5月より学習。宅建に1か月で合格したマスオが行政書士試験に6か月で合格できるのか。

カテゴリ

最新記事

投稿者

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング