一気に徹底解説!!【資格外活動許可】&【ビザの更新・変更手続き】&【再入国許可】

> > > 一気に徹底解説!!【資格外活動許可】&【ビザの更新・変更手続き】&【再入国許可】
2020/07/29

一気に徹底解説!!【資格外活動許可】&【ビザの更新・変更手続き】&【再入国許可】

1

ごきげんよう。花沢です。

今回は、外国人ビザの最後の解説として、在留資格の活動内容外のこと(例えばアルバイト)ができる【資格外活動許可】、外国人が引き続き日本に留まりたいときの為の【ビザの更新】または【変更】、一度自国へ帰ってまた日本に戻ってくる為の【再入国許可】の3本立てでいきたいと思います。

【資格外活動許可】ってなに?

資格外活動許可とは

「在留資格で認められた活動以外の活動で、それによって収入・報酬を受けるもの」

在留資格で許可された活動以外の活動を行う為の許可を「資格外活動許可」といいます。許可を得ないまま、資格以外の活動を行うと、不法就労と受け取られ、勧告されます。その後改善されなければ、強制送還される可能性も出てきます。

様々な就労可能なビザの中でも、それぞれの指定活動があり、それ以外の活動は許されておりません。例えば「技術・国際業務・人文知識」のビザ保有者が会社経営ができなかったり、「留学」ビザ保有者の外国人がアルバイトを禁じられていたりします。

その指定外活動を行うことができるのが、この「資格外活動許可」というわけです。

資格外活動許可に該当しない条件

在留資格で指定された活動以外で収入を得ることが基本的に禁じられているので、経営ビザ保有者が、仕事終わりや週末に専門学校等に通う場合も、収入を得ることに含まれないので、該当されません。

また、例えば人文知識・国際業務の在留資格を持ち、通訳の仕事をしている人が、休日を利用して通訳のアルバイトをする場合は、資格外活動には含まれません。

さらに、一日だけのセミナーなどでセミナーの料金を受け取るなども、継続てきなものではなく一時的なものなので、資格外活動許可無しで可能です。

資格外活動許可で禁じられている内容

【禁じられていること】

  1. 本業を妨げる
    資格外活動の内容が、元々の在留資格の活動を妨げることは認められません。
    (例:留学ビザ保有者が一時学校を休学し、1年ほどアルバイトに専念するなど)
  2. 単純労働
    工場や工事現場などにおける単純な作業などは、特別な知識や技術を要しない労働、あるいは知識・技術が同一の作業によって成り立っている労働としてみなされ、資格外活動内容として禁じられています。
    しかし、留学、家族滞在、文化活動、特定活動の4種類のビザのみ単純労働を認められています。
    ※留学以外の在留資格では、条件によって単純労働が認められない場合がありますので、事前に確認しておく必要があります。
  3. 風俗営業
    資格外活動で外国人が風俗営業など水商売で就労することは禁じられています。
    ※風俗営業に関する詳細は下記参照
  4. 公序良俗に反する活動、法令に違反すること
    ゲームセンター、パチンコ、麻雀店なども含まれます。

※また、留学生以外の在留資格の外国人に関しては就労先が内定した段階で申請しなければなりません。しかし、留学生に関しては勤務先を特定することなく事前に申請できます。つまり、包括的な資格外活動許可が与えられるというわけです。

風俗営業の内容

「風俗営業」とは、風適法第二条で定義されている営業内容です。

風俗営業「用語の意義」

一 キヤバレー、待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業
二 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた営業所内の照度を十ルクス以下として営むもの(前号に該当する営業として営むものを除く。)
三 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが五平方メートル以下である客席を設けて営むもの
四 まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
五 スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)
  1. 店舗型性風俗特殊営業
    ・「浴場業」ー 個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業
    ・個室を設け、当該個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業
    ・専ら、性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態を見せる興行その他の善良の風俗又は少年の健全な育成に与える影響が著しい興行の用に供する興行場
    ・専ら異性を同伴する客の宿泊
    ・店舗を設けて、専ら、性的好奇心をそそる写真、ビデオテープその他の物品で政令で定めるものを販売し、又は貸し付ける営業
    ・前各号に掲げるもののほか、店舗を設けて営む性風俗に関する営業で、善良の風俗、清浄な風俗環境又は少年の健全な育成に与える影響が著しい営業として政令で定めるもの
  2. 無店舗型性風俗特殊営業
    ・の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの
    ・電話その他の国家公安委員会規則で定める方法による客の依頼を受けて、専ら、前項第五号の政令で定める物品を販売し、又は貸し付ける営業で、当該物品を配達し、又は配達させることにより営むもの
  3. 映像送信型性風俗特殊営業
    ・性的好奇心をそそるため性的な行為を表す場面又は衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる営業で、電気通信設備を用いてその客に当該映像を伝達すること
  4. 店舗型電話異性紹介営業
    ・専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによつて営むもの
  5. 無店舗型電話異性紹介営業
    ・面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて他の一方の者に取り次ぐことによつて営むもの。
  6. 特定遊興飲食店営業
    ・ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興をさせ、かつ、客に飲食をさせる営業で、午前六時後翌日の午前零時前の時間においてのみ営むもの以外のもの。
  7. 特定遊興飲食店営業者
    ・第三十一条の二十二の許可又は第三十一条の二十三において準用する第七条第一項、第七条の二第一項若しくは第七条の三第一項の承認を受けて特定遊興飲食店営業を営む者。
  8. 接客業務受託営業
    ・専ら、次に掲げる営業を営む者から委託を受けて当該営業の営業所において客に接する業務の一部を行うことを内容とする営業。

2

資格外活動で働ける時間の制約

海外で日本人が働けるワーキングホリデービザや学生ビザのように、資格外活動を取得したとしてもいくらでも働いていいというわけではなく、働ける時間は限られています。上記にあるように、「本業を妨げる」ことを回避する為でもあります。

  • 留学生の働ける時間は1週間に28時間以内
  • 夏休みや春休みなどの、学校の長期休暇中は1日8時間まで就労が認められる

外国人をアルバイトとして雇う時に気を付けること

資格外活動をするには、アルバイトとして働く外国人の本人はもちろんのこと、雇う側も気を付けなければならないことがたくさんあります。以下、質問形式で解説していきます。

社会保険は?

留学生などの外国人アルバイトの場合、正規の雇用契約と違い、適用されない保険がありますので、こちらも注意が必要になります。以下その適否について記しておきます。

健康保険・厚生年金保険は?

これらの保険については、アルバイトであるため、一般的な要件を満たしておらず、加入することができません。

雇用保険は?

留学生は昼間学生に該当するため、雇用保険の対象外です。また、アルバイトを雇用した場合、および雇用関係を解消した場合、ハローワークへの外国人雇用状況届出書を提出する必要があります。これを怠ると罰金刑の対象となりますので注意が必要です。

労災保険は?

労災保険については、業務上、通勤途上生じた事故が対象ですから、留学生などの外国人にも等しく適用されます。

その他、労働基準法、最低賃金法などの一般法については当然適用されます。

採用・面接時に気を付けることは?

在留カード、パスポート、資格外活動許可書などの有無について予め問い合わせ、確認しておく必要があります。

雇用契約書、労働条件通知書については、平易な言葉でていねいに説明し、必ず同意を得ておくことです。時給、残業手当、休日、休憩、交通費といった項目については、特に十分な説明、同意を要します。

採用後においても、教育訓練などについては外国人マニュアルを用意するだけでなく、専用トレーナーが一定期間ついて指導するなどの配慮も大切です。

申請の流れ、許可

日本の企業で雇用されている外国人の場合、申請者本人もしくは申請取次資格を有する企業の人事担当者・行政書士が外国人本人の代理人として、申請を行うことになります。

 

本人もしくは企業の人事や行政書士等の取次者が入国管理局へ必要書類を提出

資格外活動許可の通知

許可証の交付

在留資格との関係

申請書類

  • 資格外活動許可申請書
  • 当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類
  • 在留カードを提示
  • 旅券又は在留資格証明書を提示
  • 旅券又は在留資格証明書を提示できないときは、その理由を記載した理由書
  • 身分を証する文書等の提示

【在留資格の更新・変更】はどうやるの?

第一に、在留資格の更新や変更の手続きを怠ってしまうと、企業として不法就労助長罪に問われて3年以下の懲役・300万円以下の罰金の刑罰が科せられます。

在留資格の更新日目安

在留カードに記載されている在留期限の3ヶ月前から申請が可能です。申請には1ヶ月以上かかる場合もありますので、ギリギリに更新手続きを行ってしまった場合、そのまま通らず矯正帰国になる場合もあります。

在留資格変更

社内の転勤や配置転換などによって、現在の在留資格で定められている以外の活動をすることになる場合には変更手続きが必要です。この場合にも申請には2週間ー1ヶ月かかる場合がありますので、在留資格に定められている活動以外の活動をする際には必ず前もって申請が必要です。

各提出書類

更新手続きの場合・・・手数料:4,000円

  • 在留期間更新許可申請書
  • 証明写真
  • 日本での活動内容に関する資料
  • 在留カード
  • 資格外活動許可書
  • 旅券または在留資格証明書を提示
  • 身分を証する文書の提示

変更手続きの場合・・・手数料:4,000円

  • 在留期間変更許可申請書
  • 証明写真
  • 日本での活動内容に関する資料
  • 在留カード
  • 資格外活動許可書
  • 旅券または在留資格証明書を提示
  • 身分を証する文書の提示

その他ガイドライン(法務省)

3

【再入国許可】ってなに?

日本に在留する外国人が、短期間で再び日本に入国するという場合、何も手続きを行わずにそのまま日本を出国すると、保有していた在留資格や在留期間は消滅されます。また改めて在留許可を取り直すには、また複雑な手続きを行わなければならなりません。

そこで、出国する際にあらかじめ手続きを行うことで、再度日本に入国するときに、入国・上陸手続きを簡略化できる方法が必要となりました。この手続きを「再入国許可」と言います。

該当する外国人

「再入国許可」が必要な外国人☟

有効期間が3か月以内の在留資格を所持している、あるいは日本を出国した後、1年以上は日本に戻らない人です。つまり、有効期間が3か月を超える中長期の在留資格を持っていても、出国して1年以上日本に戻らない外国人も手続きが必要ということになります。

シングルとマルチ

・シングル・・・1回の出入国に限り、再入国が許可されるもの
・マルチ・・・許可期間中であれば、何度も再入国ができるもの

有効期限

「再入国許可」の有効期限は最長で5年です。※特別永住者の有効期限は、最長6年。

ただし、この有効期限は、所持している在留期間の範囲内ですので、もし日本での在留期間が1年しかない場合、1年以内に日本に戻ってこないと、無効になります。

しかし、外国で病気や事故など、やむを得ない理由で期限内に日本に戻れないときは、有効期限の延長ができます。

審査の基準

  • 現に退去強制手続き中の者でないこと。
  • 現在の在留資格に対応する活動を終了し、または継続する見込みのないことが明らかな者でないこと。
  • 再入国許可することが適当でないと認められる者でないこと。

必要書類

  • 再入国許可申請書
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • パスポート
  • (パスポートがない場合)理由書

【みなし再入国許可】ってなに?

有効な旅券及び在留カードを所持する外国人の方が、出国する際、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなくなります。この制度を【みなし再入国許可】と呼びます。

再入国許可との違い

「みなし再入国許可」に該当する外国人は、有効期限が3か月以下の在留資格以外の在留資格で、さらに「短期滞在」以外の在留資格を持っており、なおかつ日本を出国してから1年以内に再入国しなければなりません。※特別永住者の有効期限は2年。

この1年以内というのも、出国時に在留資格の有効期間が1年未満だった場合、在留期間の満了の日までに再入国しなければなりません。

この記事を書いた人

花沢

花沢花子、37歳独身です。海外で働くことに憧れてセブ移住を考えていましたが。。

カテゴリ

最新記事

投稿者

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

総合人気記事ランキング